FP技能士(ファイナンシャル・プランナー)に出願して試験(学科・実技)を受けて合格するまで

スクールに通うメリット 自宅で通信講座を受けるメリット

FP技能士(ファイナンシャル・プランナー)に出願して試験(学科・実技)を受けて合格するまで

国家資格ファイナンシャル・プランニング技能検定に受かってFP(ファイナンシャル・プランナー)になるには、まず受験申請書を提出して申込み、学科試験と実技試験の両方に合格する必要があります。

出願→試験(学科・実技)→ファイナンシャル・プランナーに!

試験日、受験料、受験条件の詳細はこちらをご覧ください。

出願

FP(ファイナンシャル・プランナー)になるためには、まずはファイナンシャル・プランニング技能検定の資格試験を受けるために受験申請書を出願する必要があります。

受験申請書は試験約3ヶ月目より以下の2つの団体から配布されますので、インターネットや郵送で申し込みます。

学科の試験日と試験内容

ファイナンシャル・プランニング技能検定の学科の試験日は1級が年2回、2級と3級は年3回です。

学科の試験日
1級 9月、1月
2級・3級 5月、9月、1月

学科の試験内容は以下のようになっています。

  • ライフプランニングと資金計画
  • リスク管理
  • 金融資産運用
  • タックスプランニング
  • 不動産
  • 相続・事業継承

実技の試験日と合格基準

2級と3級は学科試験と実技試験を同日に受験することができます。

実技の試験日
1級 6月、2月
2級・3級 5月、9月、1月(学科と同日)

合格基準としては、1級が口頭試問形式で200点満点で120点以上。

2級は記述式の筆記試験で、実例形式が5題出題され、合格基準は50点満点で30点以上

合格

ファイナンシャル・プランニング技能検定に合格してFP(ファイナンシャル・プランナー)になるには、学科試験と実技試験の両方に合格する必要があります。

試験実施後、約40日後に合否にかかわらず合格通知書が送付されます。

また、合格発表はインターネットで合格発表日に見ることもできます。