FP技能士(ファイナンシャル・プランナー)の資格は金融業界では必須、金融業界以外でも人気

スクールに通うメリット 自宅で通信講座を受けるメリット

FP技能士(ファイナンシャル・プランナー)は金融業界では必須の資格

基本的には銀行、証券会社、生命保険会社などの金融業界で働く人が資格を取得しています。

ファイナンシャル・プランナーの資格は金融業界で人気・必須!

会社によっては必須資格として社員に取得するように言う国家資格の1つです。

金融業界に内定が決まった大学4年生も、入社前の1月の試験でFP3級をとっておくようにと内定先の会社から言われる場合があります。

ただし、ビジネスに生かすなら2級以上が必要です。

生保・損保ではセールスレディーが取得を目指すケースが目立ちます。

住宅購入のアドバイスをする不動産会社でも取得する人が比較的多いです。

金融業界以外の職種や主婦にも人気の資格

技能士(ファイナンシャル・プランナー)は金融業界では必須の資格なのですが、実際には金融業界以外の人でも多くの人が取得しているのが現状です。

というのも、生命保険や年金、住宅ローンなど生活に密着したお金の知識が学べるため、自分の将来の人生設計ためにFP(ファイナンシャル・プランナー)の資格を取得しようとする学生、主婦、金融業界以外のサラリーマン、OLなども多くいます。

ファイナンシャル・プランナーは金融業界以外のサラリーマンもOLも主婦も学生にも人気の資格!

金融系の業界ではほぼ必須の資格ですが、FPの資格を取得する過程で学ぶ幅広い知識はあらゆる業界で通用します。

お金について勉強するので、世の中の仕組みを知ることにもつながります。

汎用性が高く、いろんな業種の人が持っているとメリットが多い資格のため、「取りたい資格アンケート」で必ず上位に入る超人気資格でもあります。