FP技能士(ファイナンシャル・プランナー)とは、どんな資格なの?

スクールに通うメリット 自宅で通信講座を受けるメリット

FP技能士(ファイナンシャル・プランナー)とは
FPってどんな資格なの?

ファイナンシャル・プランナーってどんな資格なの?FPって何?

FP技能士(ファイナンシャル・プランナー)とはひとことで言うと、資産管理・保険・年金・住宅ローンといったお金にまつわる人生設計をアドバイスする専門家です。

FPは「エフピー」と読みます。

FP(ファイナンシャル・プランナー)になるには、国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能検定(FP技能検定)に合格する必要があります。

ファイナンシャル・プランナーになるには国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能検定(FP技能検定)に合格する必要があります。

資格は難易度別に1〜3級に分かれ、3級は基礎知識、2級は実践的な資格としての位置づけ、1級は非常に難易度が高くなっています。

銀行、生保、証券会社などの金融業界では会社が取るようにいう資格で多くの人がFP2級以上を持っています。

ただ、住宅ローンや年金、保険といった生活に密着したお金の知識が学べるため、FP3級は主婦からOL、金融業界以外のサラリーマンでも多くの人がチャレンジしています。

仕事に役立つだけでなく、日常生活でも使えることを学べるので、「取りたい資格ランキング」で常に上位に入る人気資格です。

そのため、毎年、受験者の数は増えています。

仕事の内容

FP技能士(ファイナンシャル・プランナー)の仕事は、以下のように様々な領域に広がっています。

  • ライフプランニングと資金計画
  • リスク管理
  • 金融資産運用
  • タックスプランニング
  • 不動産
  • 相続・事業承継

アメリカではステイタスが高い

日本ではFP(ファイナンシャル・プランナー)は一般的にはまだ馴染みが薄いかもしれませんが、FP先進国のアメリカでは自分自身の「掛かり付け医」「顧問弁護士」「FP」を持つのがステイタスと言われています。

FP先進国のアメリカでは自分自身の「掛かり付け医」「顧問弁護士」「FP」を持つのがステイタス!

いずれ、日本でもアメリカのようになるかもしれません。

その際、お客さんにステイタスの1つとして選ばれるようなFP(ファイナンシャル・プランナー)を目指したいですね。

ファイナンシャル・プランニング技能士の資格試験を主催する団体

ファイナンシャル・プランニング技能士の資格試験を主催する団体は以下の2つです。

上記2つの団体のどちらでも資格試験を受験でき、難易度は変わりません。

試験は学科と実技があり、FP(ファイナンシャル・プランナー)の入り口ともいえるFP3級は年間の受験者数が約22万人で合格率は学科が70〜80%、実技が50〜60%です。


結婚式や二次会のバッグをレンタル

定期購読の割引率が高い雑誌 定期購読をすると割引率が一番高い雑誌はどれ?